安全報告書

運輸安全マネジメントに関する取り組みについて

千葉中央バス株式会社では、「運輸安全マネジメント」に基づき、輸送の安全に関する基本的な方針及びその他の輸送の安全にかかわる情報を以下の通りに公表し、全社員が一丸となって「輸送の安全・安心」に取り組んでまいります。

1. 輸送の安全に関する基本的な方針

当社では、輸送の安全に関する基本的な方針を次の通り定めております。

  • 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全が最も重要であるという意識を徹底させます。
  • 当社は、輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan:Do:Check:Act)を確実に実施し、全社員一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全に努めてまいります。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表いたします。

安全方針

  • 1. 安全最優先
    「安全快適な輸送に徹しよう」
  • 2. 関係法令の遵守
    「輸送の安全に関する関係法令を遵守し、重大事故【0】を目指そう」
  • 3. 安全の推進と継続的改善
    「輸送の安全確保に向けた取組の推進と継続的な改善に努めよう」

2. 輸送の安全に関する目標及び目標の達成状況

安全目標

当社では、年度毎に事故減件目標を設定し、目標達成に努めております。また、経営トップによる事故防止に関する乗務員への定期的な講和を行うなどの啓蒙活動により、特に基本動作の励行に努めます。2018年度の達成状況及び2019年度の目標は次の通りです。

2018年度の実績(単位:件)
事業の種類 目標 実績
一般乗合 36 41
一般貸切 4 4
合計 40 45
2019年度の目標(単位:件)
事業の種類 目標 2018年度実績
一般乗合 31 41
一般貸切 4 4
合計 35 45

3. 事故に関する統計

2018年度自動車事故報告規則 第2条に規定する事故:1件発生

4. 安全管理規程

「輸送の安全性向上」を図るべく安全管理規定を定めております。

安全管理規程PDFのダウンロードはこちら

安全管理規程の主な内容

  • 輸送の安全を確保するための事業の運営の方針等
  • 輸送の安全を確保するための事業の実施及びその管理の体制
  • 輸送の安全を確保するための事業の実施及びその管理の方法

5. 輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

当社では輸送の安全を確保するため、会議や安全運動等を通じ情報の共有や意思の疎通を図るとともに、積極的に設備投資を行っております。

会議

「事故防止対策委員会」:毎月1回、弊社の安全統括管理者が主催し、事故の発生内容の伝達・分析を行い、事故防止に向けた話し合いを行います。

設備投資等の実績

2018年度の「輸送の安全に関する投資」の主な実績は下記のとおりです。

最新車両購入

高速1台・乗合9台…251百万円

車両整備・機材類

車両整備周辺機器(四柱リフト)…6.5百万円

教育・指導に関する費用

適性診断、乗務員教習等…1.2百万円

健康管理に関する費用

健康診断(定期、半年)、薬物検査等…2.5百万円

設備投資等の予算

2019年度の「輸送の安全に関する投資」の主な予算は下記のとおりです。

最新車両購入

貸切2台・高速1台・乗合7台…315百万円

車両整備・機器類

車体更生、車両整備周辺機器、デジタコ・ドラレコ更新…69百万円

教育・指導に関する費用

適性診断、乗務員教習等…1.2百万円

健康管理に関する費用

健康診断(定期、半年)、薬物検査等…2.5百万円

安全に資する機器の導入状況

デジタルタコグラフ【導入率93.5%】

乗合93両 高速12両 貸切10両 合計115両

ドライブレコーダー【導入率100.0%】

乗合93両 高速12両 貸切10両 デマンド8両 合計123両

動態管理システム付きIP無線【導入率85.4%】

乗合93両 高速12両に緊急時伝達確立のため2018年度に合計105両に導入

安全運動等

  • 春の全国交通安全運動(5月)
  • 夏季輸送安全総点検(7月・8月)
  • 秋の全国交通安全運動(9月)
  • 年末年始輸送安全総点検(12月・1月)

その他

日本バス協会貸切バス安全性評価認定取得(2018年度「三ツ星認定」取得)

6. 輸送の安全に係わる情報の伝達体制その他組織体制

下記のPDFの通りとなります。

安全管理体制PDFのダウンロードはこちら

7. 輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

当社では、適性診断、乗務員研修を実施するほか、バスジャック対応訓練を実施しております。

(1)2018年度適性診断・乗務員研修の実施状況

適性診断については、年度計画に基づき独立行政法人自動車事故対策機構の適性診断を運転士に受診(初任運転者については入社時に、高齢運転者については65歳到達時に)させております。また、適性診断結果表に基づき、営業所の運行管理者が個人指導を行っております。

乗務員研修については、原則毎月3回(3日間)研修日を設定し、管理者による研修を行っております。また、初任運転者については入社時に初任運転者研修を実施しております。

適性診断の受診状況
一般運転者
46名
初任運転者
18名
高齢運転者
19名

合計 83名

乗務員研修の実施状況
一般運転者研修
114名
初任運転者研修
20名

合計 134名

バスジャック対応訓練の実施状況

当社では、緊急事態発生時の対策として営業所連絡体制及び本課対策本部機能の確立と、警察との連携要領の習熟を目的とし「バスジャック統一対応マニュアル」に則り、バスジャック対応訓練を実施しております。

バスジャック対応訓練の実施状況

2回

8. 輸送の安全に係わる内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置及び講じようとする措置

2018年12月に内部監査を実施したところ、安全管理体制や安全への取り組みについて、適合性及び有効性に関し、概ね適正であることが確認されました。

9. 安全統括管理者

取締役営業部長 中村 隆

以上